Xoops2 RC3
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



メインメニュー

おすすめリンク

ツール集

テーマ

(5 テーマ)

健康・栄養ニュース - 最新エントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

栄養学 思春期の肥満、メタボリック症候群の裏にある食糧不安 2015/09/03 4:28 pm

家庭の食糧不安が中高校生のメタボリック症候群(メタボ)のリスクを劇的に高めるようだ、という米国ミシシッピ大学からの研究報告。

食糧不安とは、活動的で健康的な生活を営むに足るだけの食糧が入手できない状態である。依然として米国の全家庭の14.3%、子どものいる家庭の19.5%が食品への基本的なアクセスの欠如に影響されているという。

研究チームは、潜在的な食糧不安の影響を検討するために、米国国民健康栄養調査(NHANES)の1999-2006年のデータから12-18歳の7,500人以上のデータを抽出して解析を行った。

その結果、食糧保障が境界的に不足、不足、あるいは極めて不足している家庭の中高生は、高い食糧保障状態にある家庭の中高生に比べて、過体重(BMI>25)になるリスクが33-44%高いことが明らかになった。また体幹部肥満のリスクが1.5倍あったという。体幹部肥満は内蔵に過剰な脂肪が溜まった状態で、心臓病や糖尿病のリスクを高めることが知られている。

「これらの家庭ではしばしば健康的な食品を選択することが困難である」と共同研究者のクリストファー・テイラー准教授は語っている。「医師は患者が地域の食品バンクや連邦栄養補助援助プログラムのようなリソースを見つけて少しでも格差を解消する手助けができるだろう。」

米国オステオパシー学会のウルリック・ヴュー博士は、関連エディトリアルの中で、子どもたちが学校で3食とも栄養豊富な食品を食べることができるようにすることを提案している。

出典は『米国オステオパシー(整体)学会誌』

このエントリーの情報

栄養学 米国の栄養不足は深刻で持続的な健康格差 2015/09/03 4:26 pm

米国には栄養素摂取量の深刻な民族間格差が存在するようだ、というカナダ・栄養戦略社からの研究報告。

研究者らは、米国国民健康栄養調査(NHANES)の2007-2010年のデータを用いて、非ヒスパニック系の黒人と白人の栄養摂取量を比較した。

栄養不足は重要な栄養問題であり健康に影響する。先行研究において、大部分の米国人が推奨される量の栄養素を摂取できていないことが示されていた。本研究では、非ヒスパニック系の黒人と白人について、どれくらいの割合の人が各栄養素の推定平均必要量(EAR)を満たしていないかを調査している。

解析の結果、全年齢層において、非ヒスパニック系の黒人は白人より大きな割合の人が、カルシウム、マグネシウム、ビタミンA、ビタミンDのEARを満たしていないことが明らかになった。

「栄養不足は米国人にとって長い間の懸案事項です」と共同研究者のヴィクター・フルゴニ博士は語っている。「けれども、本分析は栄養不足の問題はほとんど改善されていないことを示しています。特に黒人のリスクが有意に高いようです。」

EARを下回った人の割合は以下の通り:
黒人:カルシウム:53.7%
  :マグネシウム:63.0%
  :ビタミンA:45.9%
  :ビタミンD:82.4%

白人:カルシウム:29.4%
  :マグネシウム:41.9%
  :ビタミンA:28.4%
  :ビタミンD:63.5%

「2015年版食事ガイドライン諮問委員会がいうように、栄養豊富な食品の摂取の重要性はいうまでもありませんが、マグネシウム、ビタミンDなどにおいてはサプリメントの役割も重要ではないでしょうか」と共同研究者のジェームズ・ブルックス博士は語っている。

出典は『貧困層のヘルスケア雑誌』

このエントリーの情報

栄養学 紅茶とコーヒーに隠された砂糖の秘密 2015/08/03 11:13 am

2015.8.2 EurekAlertより

砂糖が紅茶とコーヒーの苦味を減らす重要な効果を持ち、それが単なるマスキングではなくて基礎的な化学反応によるものであることを発見した、という英国ヨーク大学の清水静志博士らによる研究報告。
これは熱い飲み物の味覚に影響を与えるカフェイン、砂糖、水の分子レベルにおける相互作用についての新しい洞察をもたらすものであるという。

カフェインは、紅茶やコーヒーの覚醒作用の元であるだけでなく、苦味を作り出す構成要素のひとつでもあるという。カフェイン分子は水中では互いに他の分子と固まって存在しているが、砂糖を加えることでさらにこの傾向が強まる。数10年の間、研究者らはこれが砂糖の周囲での水分子間の結合力が強まるためだと考えていた。

(以下略、全文はこちらからどうぞ)http://www.nutritio.net/linkdediet_kyu/FMPro?-db=NEWS.fp5&-format=news_detail.htm&-lay=lay&KibanID=50451&-find

このエントリーの情報

栄養学 2型糖尿病とアルツハイマー病のリスクをつなぐ遺伝子マーカー 2015/07/31 10:28 am

2015.7.31 EurekAlertより

ある種の2型糖尿病患者は特殊な遺伝的リスク因子をもち、それがアルツハイマー病の発症リスクを高めているようだ、という米国マウントサイナイ医科大学からのレビュー報告。
研究チームは最新のゲノムワイド研究(GWAS)において、2型糖尿病とアルツハイマー病が共通の遺伝子変異を持っており、これらの遺伝子の細胞レベルおよび分子レベルでの潜在的影響力によって、それが両方の病気を発症することに関与している可能性が高いことを発見したという。

GWASは、集団において、遺伝暗号の多数の異なるポイントを調べることによって、疾患に特異的な多数の遺伝子変異を発見する技法である。SNP(一遺伝子変異)のような最も小さな変異であっても、大きな影響をもたらすことがあり得るという。

2型糖尿病の長期にわたる合併症の中でもアルツハイマー病は主要なもののひとつである。先行研究ではアルツハイマー性認知症の発症における糖尿病の因果的役割が指摘されていたが、両者の関係に関する特異的なメカニズムがあるかどうかは不明であった。

(以下略。全文はこちらからどうぞ)http://www.nutritio.net/linkdediet_kyu/FMPro?-db=NEWS.fp5&-format=news_detail.htm&-lay=lay&KibanID=50396&-find

このエントリーの情報

栄養学 エンケファリンのレベルが低い中年女性は乳がんになるリスクが高い 2015/07/31 10:25 am

2015.7.30 EurekAlertより

血中のエンケファリンのレベルが低い中年女性は乳がんになるリスクが高い、というスウェーデン・スコーネ大学病院とルンド大学からの報告。動物実験では類似の報告があるが、ヒトの研究では初めての報告であるという。
この研究は、内因性オピオイド“エンケファリン”に焦点を当てている。乳がんを発症する潜在的な新規マーカーとして有望であるという新しい知見が見出されたという。

エンケファリンは鎮痛や抗ストレス作用を有する血中に循環する安定なペプチドである。その作用は、直接免疫系に作用することで免疫介在性腫瘍防御を強化するだけでなく、がん細胞を直接阻害することによって乳がんの発生の負の調節因子として関与しているらしい。

「乳がんにおけるエンケファリンの役割をヒトにおいて研究した初めての研究であり、その結果は驚くほどクリアだった。これまで知られているバイオマーカーの中でがんリスクと最も強い相関をもつもののひとつであった」と研究者らは語っている。

(以下略。全文はこちらからどうぞ)http://www.nutritio.net/linkdediet_kyu/FMPro?-db=NEWS.fp5&-format=news_detail.htm&-lay=lay&KibanID=50424&-find

このエントリーの情報

栄養学 果糖よりダイズ油のほうが肥満を引き起こす 2015/07/30 2:16 pm

2015.7.30 EurekAlertより

ダイズ油を食べさせたマウスは、同じカロリーの果糖もしくはココナッツ油を食べさせたマウスに比べてより体重が増加した、という米国カリフォルニア大学リバーサイド校からの研究報告。
研究チームは、脂肪エネルギー比率40%の脂肪を含む4種類の食事が雄マウスに与える影響について検討した。4種類の食事は以下のようなものだった。

1)油成分として主に飽和脂肪酸を含むココナッツ油を用いた食事
2)ココナッツ油の半分をダイズ油に置き換えた食事
3)1)に果糖(フルクトース)を加えた食事
4)2)に果糖を加えた食事

全て同じだけのカロリーを含むように成分を調整した。

その結果、ココナッツ油のみの食事に比べて、ダイズ油を食べたマウスの方が体重増加量が高かったという。体脂肪の蓄積も多く、脂肪肝、インスリン抵抗性などもみられた。果糖の添加はダイズ油ほど悪影響を持たなかったが、腎臓へのネガティブな影響はより顕著であり、また炎症性腸疾患の症状もみられた。

具体的には、ダイズ油を食べたマウスでは、ココナッツ油のみの場合に比べて25%の体重増加がみられたが、果糖添加の場合はココナッツ油のみの場合に比べて12%の体重増加に留まったという。

(以下略、全文はこちらでどうぞ)http://www.nutritio.net/linkdediet_kyu/FMPro?-db=NEWS.fp5&-format=news_detail.htm&-lay=lay&KibanID=50427&-find

このエントリーの情報

栄養学 オメガ3脂肪酸はすい臓がん患者の治療とQOLを向上させる 2015/07/29 2:22 pm

2015.7.29 EurekAlertより

抗がん薬にオメガ-3系脂肪酸を加えることで治療の効果が増し、生活の質(QOL)も改善されるようだ、という英国ライチェスター大学からの研究報告。

研究チームは、50名の進行性すい臓がん患者を対象に毎週1,000咾離殴爛轡織咼鵑100gのオメガ-3系脂肪酸に富む脂質エマルジョンを3週間連続して静脈内投与したのち1週間の休息期間をおいた。この投与サイクルを6回繰り返した。

その結果、応答率は14.7%、疾病制御率は85.7%で、全体および進行なしの生存期間は各々5.9か月と4.8か月だったという。全体的な健康度がベースラインと比較して10%以上上昇した患者の割合は47.2%だった。また半数以上の患者でQOLスコアが10%以上上昇したという。

(以下略、全文はこちらから)http://www.nutritio.net/linkdediet_kyu/FMPro?-db=NEWS.fp5&-format=news_detail.htm&-lay=lay&KibanID=50402&-find

このエントリーの情報

栄養学 定期的な加糖飲料の摂取は、2型糖尿病と関連する 2015/07/29 2:16 pm

2015.7.29 EurekAlertより

加糖飲料の定期的な摂取は、肥満状態から独立して2型糖尿病と正の関連があるという、英国ケンブリッジ大学からのレビュー報告。

人工甘味料入り飲料とフルーツジュースも2型糖尿病との正の関連を示したが、エビデンスの質は高くなかった。だが研究者らは、どちらにしても、人工甘味料入り飲料とフルーツジュースも2型糖尿病の予防のための加糖飲料の適切な代替物ではないだろう、としている。

人工甘味料入り飲料は、糖分とエネルギーの摂取を減らすために、加糖飲料の可能な代替物であるとみられてきた。そして、フルーツジュースはより有益な代替物とみなされている。しかしながら、加糖飲料、人工甘味料入り飲料、フルーツジュースのそれぞれの摂取が、肥満状態の影響を除いた後でも糖尿病のリスクと関連するかどうかは明らかにされていなかった。

(以下略、全文はこちらから)http://www.nutritio.net/linkdediet_kyu/FMPro?-db=NEWS.fp5&-format=news_detail.htm&-lay=lay&KibanID=50400&-find


出典は『英国医学雑誌(BMJ)』

このエントリーの情報

栄養学 加糖飲物に課税することは肥満を減らす一助となる 2015/07/28 1:17 pm

(日本語全文はこちらから)http://www.nutritio.net/linkdediet_kyu/FMPro?-db=NEWS.fp5&-format=news_detail.htm&-lay=lay&KibanID=50377&-find

2015.7.28 EurekAlertより

加糖飲料のカロリーや砂糖の量に伴って税金を課すことで肥満を予防できる可能性がある、という米国がん協会の報告。
世界では19億人が過体重であり、600万人が肥満である。糖質が多く他の栄養のない加糖飲料の消費量は劇的に増加し、それに伴い肥満者も増加している。

2014年にメキシコは、世界で初めて加糖飲料に税金を課した。1リットル当たり、1ペソ(0.07ドル)を課税し、商品の値段の10%に当たる。単なる炭酸飲料だけでなく、砂糖を使用している飲料全てに課税した。メキシコは、コカ・コーラの製品だけでも、他の国が年間1人当たり平均94杯であることに対し、745杯分摂取しており他国に比べ、消費量が多い。

早期の研究では、一定の課税を行うことが、加糖飲料の摂取量を減らすことを明らかにされている。新しい研究では、食品の砂糖やエネルギー量に比例しるように課税を行うことを提案している。全てに同じ税金を課すより、より効果的である可能性がある。「加糖飲料の課税は、新しい概念ではないが、世界の肥満の問題に直ちに影響するだろう。我々は、砂糖やカロリーによる食品の成分の含有量に対して課税をすることで、より肥満を減らすために効果を得ることが可能である」と、著者のエヴァン・ブレッチャー博士が述べている。

このエントリーの情報

栄養学 中年期の高血圧は老後の脳に悪影響 2015/07/28 1:16 pm

(日本語全文はこちらから)http://www.nutritio.net/linkdediet_kyu/FMPro?-db=NEWS.fp5&-format=news_detail.htm&-lay=lay&KibanID=50378&-find

2015.7.28 EurekAlertより

50代の高血圧が30年後の認知機能低下の原因となっているかもしれない、という米国ボストン大学医療センターからの研究報告。
平均余命は世界中で延び続けており、80代を迎える高齢者が増えている。いくつもの研究が、中年期に心血管疾患のリスクが高い人、とりわけ高血圧の人は、後年の認知症リスクが高いことを証明している。けれども、中年期の心血管疾患のリスクが早期認知障害に与える影響についての研究は欠けていたという。

今回研究チームは、フラミンガム心臓研究のデータを用いて解析を行った。378名の研究参加者の50-60歳の時の血圧データと30年後の80代における認知機能検査の結果の関連を調べた。

このエントリーの情報

ページナビゲーション

(1) 2 3 »

検索