Xoops2 RC3
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



メインメニュー

おすすめリンク

ツール集

テーマ

(5 テーマ)

健康・栄養ニュース - エンケファリンのレベルが低い中年女性は乳がんになるリスクが高い

ヘッダーナビゲーション

エンケファリンのレベルが低い中年女性は乳がんになるリスクが高い2015/07/31 10:25 am

2015.7.30 EurekAlertより

血中のエンケファリンのレベルが低い中年女性は乳がんになるリスクが高い、というスウェーデン・スコーネ大学病院とルンド大学からの報告。動物実験では類似の報告があるが、ヒトの研究では初めての報告であるという。
この研究は、内因性オピオイド“エンケファリン”に焦点を当てている。乳がんを発症する潜在的な新規マーカーとして有望であるという新しい知見が見出されたという。

エンケファリンは鎮痛や抗ストレス作用を有する血中に循環する安定なペプチドである。その作用は、直接免疫系に作用することで免疫介在性腫瘍防御を強化するだけでなく、がん細胞を直接阻害することによって乳がんの発生の負の調節因子として関与しているらしい。

「乳がんにおけるエンケファリンの役割をヒトにおいて研究した初めての研究であり、その結果は驚くほどクリアだった。これまで知られているバイオマーカーの中でがんリスクと最も強い相関をもつもののひとつであった」と研究者らは語っている。

(以下略。全文はこちらからどうぞ)http://www.nutritio.net/linkdediet_kyu/FMPro?-db=NEWS.fp5&-format=news_detail.htm&-lay=lay&KibanID=50424&-find

このエントリーの情報

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

検索