Xoops2 RC3
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



メインメニュー

おすすめリンク

ツール集

テーマ

(5 テーマ)

トップ
   あなたの人生の物語(仮)
     にんにくと珈琲が好きなのは遺伝?
投稿するにはまず登録を

題名 投稿者 日時
 » にんにくと珈琲が好きなのは遺伝? khirota 2007-10-24 20:35
フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
khirota
投稿日時: 2007-10-24 20:35
管理人
登録日: 2006-8-18
居住地:
投稿: 77
オンライン
にんにくと珈琲が好きなのは遺伝?
リンクDEダイエットの解説

BBCの記事

論文要旨

『双生児研究』という専門雑誌まであるのだが、実はわたしには、現在のような双子研究よって遺伝か環境かの問題が明らかにされるのは奇跡のような気がしてならない。

この論文にしたところで、食事の好みには遺伝も関与しているという事実をいくらか厳密に検証しているに過ぎない。いくらか、というのは、この手の研究では数字は測定のたびに変化するので傾向が明らかになることしか期待できないからだ。

多くの疫学研究と同様に、ここには因果的説明が存在しない。あってもそれは想像に過ぎないから、どんな現象が観察されても、ただそれだけで終わってしまう。双子がたとえばにんにくやコーヒーの好みが似ているのが遺伝だというならば、そこに関与する遺伝子を提示して、それが好みを変えるメカニズムを説明できなければ証明にはならない。遺伝子でなくても代謝パターンでも酵素の多型(ポルモルフィズム)というようなものでもよい。もし好みの遺伝というような脳内の現象を想定しているなら、なおさら身体上の遺伝が関係ないことを証明しないといけないことになる。

ちなみに、私は双子の研究における遺伝と環境の割合を計算する先生方の統計処理能力は素晴らしいと、皮肉ではなく思っている。うそではない。ぜひともその能力を因果的説明に100%発揮してもらいたい。

いや、ほんとうに皮肉ではなくて、期待しているのです。
フラット表示 前のトピック | 次のトピック
検索