Xoops2 RC3
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



メインメニュー

おすすめリンク

ツール集

テーマ

(5 テーマ)

トップ
   あなたの人生の物語(仮)
     カロリー制限は長期的には効果がある
投稿するにはまず登録を

題名 投稿者 日時
 » カロリー制限は長期的には効果がある khirota 2007-10-18 21:40
フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
khirota
投稿日時: 2007-10-18 21:40
管理人
登録日: 2006-8-18
居住地:
投稿: 77
オンライン
カロリー制限は長期的には効果がある
MedlinePlusの記事

米国栄養士会雑誌の論文要旨

系統総説(システマティックレビュー)+メタ分析、というEBMの世界では形式としてはかなり上位に位置するエビデンス。もちろん形式だけで判断してはいけないが。

蛇足だが、系統的に集めたという文献をエビデンス表で一覧できるようにするというような方法を導入することは、栄養学研究の客観性と信頼性を高めるという意味で大変重要である。それは確かなんだけど、昔は総説(ナラティブレビューとも呼ばれるらしい。これひょっとして差別語?)を読むときには、執筆者の見識を知ることである研究分野の趨勢を把握するという意味があった(ひょっとして私だけ?)。

ところが、系統総説には執筆者の見識(偏見の場合もある)は混入しない建前であり、だからこそ執筆者は権威者でなくても誰でも良いということになる。

当然のことながら、系統総説の結論や途中の議論は、それまでにえられた個々の論文を越えることはない。仮に越えてしまったらそれはEBMの規則違反だろうから質の低いものとみなされるはずだ。

さて、問題は、この権威でもなんでもない研究者が、純粋に論文に書かれた内容だけからなにかを抽出したとして、それが読者にどのような意味を持つのかということである。

さらに問題なのは、この研究者が長じて権威と化してしまったときだ。考えるのが面倒だと思うヒトが研究者になることはないだろうが、医療技術者になることはあるだろう。今日も権威と化した研究者の攻撃にあってしまったと感じている私ではあるが、自分自身どこで同じ道化を演じているかわからないので、他人のことをとやかく言えない。

とはいえ、少なくとも、言及する相手をかならず自分より劣ったものと認識したりはしないようにしているつもりなのだが。

座長なのにいきなり聴衆を恫喝する、ハーブという言葉を見たとたんその使用者は間違って使って事故を起こすに違いないと言う、など、相手をどれくらい低く見れば可能な発言なのか、いまだにわからない。低い相手なんていないとは考えられないのだろうかと思うのだが。

もっとも、低いと思われたいという聴衆が沢山いなければ成り立たない世界でもあるわけだ。
フラット表示 前のトピック | 次のトピック
検索