Welcome GUEST
NIHN

国立健康・栄養研究所
ホームぺージ
栄研ホームページ

検索
メインメニュー
おすすめリンク

テーマ選択

(5 テーマ)

SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)

最近、様々なメディアで「一生に作れる酵素の量は決まっていて、消化酵素を食事で補うことで代謝酵素をその分作れるから酵素を摂取することは大切だ」などと言われていますが、本当でしょうか?
回答者: Naoko 掲載日時: 27-Nov-2013 16:44 (4569 回閲覧)
酵素が不足しているから食べ物から補給しなければならないという話は、商品の広告記事でよく見ます。しかし、このような考え方は、現在の科学的な考え方では説明できません。

一生に作れる酵素の量は決まっているわけではなく、消化酵素を作らなかった分、代謝酵素を作るということもありません。

先ず、酵素はたんぱく質なので、通常は消化管で分解されて活性がなくなり、そのまま血液中に入って作用することはありません。口から摂取した酵素で意味があるのは、おそらく消化管で作用する消化酵素だけでしょう。

次に、生体には様々な酵素がありますが、それらは体内で合成され、それぞれ基質特異性や至適pHがあり、必要な場所で作用しています。様々な酵素を一括し、少ないから補うなどとは言えません。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
ニュース カレンダー
« « 2017 8月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
最新ニュースセレクト