Welcome GUEST
NIHN

国立健康・栄養研究所
ホームぺージ
栄研ホームページ

検索
メインメニュー
おすすめリンク

テーマ選択

(5 テーマ)

リンの摂取量に関する記述の見直しの要望

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2017-10-24 13:22
ゲスト 
健康・栄養研究所が公表されている「健康食品」の安全性・有効性情報のミネラルについての解説の「リン」の中に、以下の記述があります。

「H.リン摂取状況
平成21年の国民健康・栄養調査では、男性は平均1,056 mg、女性は平均908 mg摂取しています。ただし、この調査では加工食品に添加されているリンの量は加算されていないため、実際のリン摂取量はこれより多いと予想されています。」

リン解説
http://hfnet.nih.go.jp/hfnet/contents/detail.php?no=661

この記述の出典は「日本人の食事摂取基準(2015年版)」とあり、食事摂取基準のリンの「目安量の設定方法」の項においても同様の記述があります。

しかし、国民健康・栄養調査における栄養素等摂取量の算出には、日本食品標準成分表が用いられており、成分表には、プロセスチーズやハム・ソーセージといった、食品添加物としてのリンを含んだ値が示されている食品も収載されていることから、「この調査では加工食品に添加されているリンの量は加算されていない」との記述は正確ではないと思います。

週刊誌やインターネットには、「加工食品に添加されているリンの量は加算されていない」との記述を引用して、日本人は国民健康・栄養調査結果よりもはるかに多くのリンを食品添加物として摂取しており、結果としてリンの摂取量が過剰であり、危険であるとの記事があり、一般の方の不安を煽っているように思います。

国民健康・栄養調査が、食品添加物として利用されたリン酸のすべてを反映しているものではないとは思いますが、現在の記述では、まったく考慮されていないようにも読めますので、この表現の見直しを検討いただければと思い、投稿しました。

「日本人の食事摂取基準」の記述であり、本来は厚生労働省へお伝えする内容かと思いますが、国民健康・栄養調査に関する記述でもあるため、当該調査の解析を担い、食事摂取基準の検討にも参加される健康・栄養研の本フォーラムにご連絡した次第です。

よろしくお願いいたします。
投票数:1 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017-10-25 9:42
thidemi 
このたびは、貴重なご意見ありがとうございます。ご指摘の通り、日本食品標準成分表に収載されている加工品については、そこに載っているリンの成分値をあてはめて摂取量推定をしています。
日本人の食事摂取基準の改訂にあたって、表現を考慮していただけるよう要望したいと思います。
栄養疫学・食育研究部
瀧本
投票数:2 平均点:5.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017-10-25 11:33
ゲスト 
瀧本先生

ご解説、および食事摂取基準の改訂の際にご提言いただけるとのお返事をいただきありがとうございます。

なお、上西一弘先生の著書では、「食品添加物とリン」について、以下のように書かれていました。

「平成26年の『国民健康・栄養調査』では、日本人1人一日あたりのリンの摂取量は962mgですが、これは食事記録を基に『食品成分表』を用いて計算した結果であり、『食品成分表』に記載されていない加工食品に添加されているリンの量は加算されていません。加工食品の摂取が多い人では、実際の摂取量はもう少し多いかもしれません。」

(出典)
上西一弘「栄養素の通になる 第4版」女子栄養大学出版部(2016)
p.194

これはリンに限らず、他の栄養成分関連添加物にも当てはまることかと思いますが、より正確な記述ではないかと思いました。

ありがとうございました。
投票数:2 平均点:5.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

  条件検索へ


ニュース カレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
最新ニュースセレクト